交通事故の請求額

交通事故にあってしまった場合には、被害者の方が損害賠償請求をする事ができます。交通事故の大きさであったり、交通事故を起こした時に自分が歩行者なのか、自転車なのか、バイクなのか、車なのなどの状況によっても被害内容が異なってきますし、もちろん相手の加害者が運転していた車種によっても大きく異なります。そのため、被害内容は千差万別であり、それぞれ被害内容が異なります。その為、交通事故の損害賠償請求は指針がなければまとまりにくくなっております。

損害賠償請求その為、交通事故の損害賠償請求の時には、一般的にどのような内容が請求できるのかというのが、ある程度決められております。交通事故の加害者と被害者は、過去の判例を参考に損害賠償の金額を決めて行きます。請求できる内容は、入院費用や通院費用、怪我の治療費などの事故が原因で負った怪我に関する物と、怪我が原因で仕事を休んだ分の損害、肉体的な苦痛と精神的な苦痛に対する損害、車やバイク、自転車、衣服など事故によって壊れてしまった物の修理費などが認められております。

初めて交通事故の時には色々とやる事が多くてパニックになってしまいます。特に怪我をして入院してしまっているような場合にはなおさらです。そこでこちらのページでは、交通事故の被害にあった時にどれまでが損害として請求できるのかをご紹介します。まだ事故にあっていないという方も抑えておいた方がよい情報ですのでぜひチェックしてみてください。

Pocket