物損と慰謝料

物損物損と慰謝料も損害として請求する事ができます。物損は、交通事故の損害請求の中でも分かりやすい部類に入ります。クルマやバイク、身に着けていた衣服やアクセサリーなどが交通事故が原因で破損、破壊してしまった際に金額を請求する事ができるという物です。

減価償却といって購入した金額から経過した時間を計算して年々安くなっていくような計算式になりますので、アンティークの物などは現在の価格では保障してもらえません。また、車を社外パーツで改造しているような場合には、お金がかかっているのに逆に安く見積もられてしまうという注意点があります。

交通事故慰謝料とは、交通事故によって受けた精神的苦痛を金銭に換算して算出した損害になります。例えば、交通事故によって仕事を休まなければいけなくなってしまった場合であったり、事故によって怪我をした苦痛、大事な車が全損してしまった苦痛など色々な精神的な苦痛が考えらます。そういった部分も金銭で保障されるのが認められているのです。もちろんどれだけ精神的な苦痛を受けたのかは目で見える部分ではありませんので難しい部分になってくるのですが、過去の判例などを元にある程度の金額は算出されておりますので、それらを参考にするようになります。

Pocket