交通事故の消極損害

交通事故の消極損害は、実際には支払っていないのですが、交通事故がなければ得る事ができていた収入や利益を損害とし換算する考え方の事です。これは、積極的損害が、入院費用や治療費、交通費など目に見えた金額を指すのに対して、事故が無ければ得られていたであろう金額を算出するので、示談交渉の時には争点になりやすい状態になっております。

消極損害交通事故の消極損害に含まれるのは最もわかりやすいのが休業損害です。休業損害とは、交通事故によって会社を休んでしまっているような場合に、会社からは欠勤扱いになりますのでお給料が支払われなくなってしまいますが、その分のお給料を損害賠償として請求する事ができます。また、営業損害といって、交通事故が無ければ、本来なら営業して利益を得る事ができていたであろう金額も請求する事ができます

逸失利益も消極損害に含まれます。逸失利益は、交通事故によって障害が残ってしまった場合などに請求する事ができる損害で、例えば事故によって手が不自由になってしまった場合には、事故以前のように仕事が出来ない可能性が高くなります。その為、事故前と事故後のお給料の差を補填する金額を請求する事ができるようになっているのです。

Pocket