交通事故の積極損害

交通事故の積極損害は、主に交通事故によって支出する事が強要されたような財産の損害です。ちょっと難しい言い方になってしまいますが、最も分かりやすい交通事故の積極損害といえば、治療費になります。交通事故によって怪我をしてしまった場合、骨折や打撲、打ち身、捻挫、裂傷など色々な症状が考えられます。それらを治療するのもタダではありません。しっかりとお金がかかってくるのですが、この金額が交通事故の積極損害になってきます。

積極損害交通事故の積極損害として認められているのは、交通事故が原因で受けた怪我の治療費や診療費、手術費、入院費などの医療関連の費用に加えて、義足やコルセットなどの介護費用、付添看護費、パジャマやテレビカードなどの入院雑費、退院してから病院に通院する際に使用したバスや電車などの交通費などが含まれます。

また、葬儀費用や損害賠償請求のための手続費用、弁護士費用、遅延損害金なども積極損害に含まれます。交通費は、タクシーを含むのかであったり、パジャマ代などは含まないのか、付添看護費などはどこまで含むのかなど争点になる場合もありますが、おおむねこのような内容が交通事故の積極損害に含まれてきますので覚えておいてください。

1 2 3 4